DV個人での対策

DVを受けたらどうしたらいいですか

夫婦の離婚理由の中でも深刻度の高いDV。
もしDVを受けてしまったらどうすればいいのか。
ここでは本格的にDVから逃げる方法を解説していこうと思う。
1.警察の生活安全課
物理的な暴力を受けている場合はまず警察に相談をするべきである。
法的にDVと決着をつけるためにも警察への相談は重要である。
2.配偶者暴力相談支援センター
各自治体で組織されている婦人相談所や福祉事務所に相談することもできる。
緊急時の一時保護やカウンセリング、DV被害者への自立支援なども行ってくれる。
3.シェルター
被害者を一時的に保護する施設である。
入るには様々な条件があるので確認しておくとよいだろう。
4.弁護士事務所
法的に対処するためには弁護士に相談する必要がある。
接近禁止命令や連絡停止命令など警察の動きが必要な時にも力になってくれる存在である。
このようにDVを受けてしまった場合、相談する施設は色々な方面で存在する。
もしかして、と思った時はぜひ相談してみることが良いだろう。

顔好きなんだけどな西園寺…DV男は地雷です…

— mami (@mamikumagensin) October 11, 2021

DVを受けたらどうしたらいいですか / DVされているけど、子供がいるから迷います / 母子家庭の苦労体験談